ぼんてんブログ

平凡【Hey!Bon】/ 天然 Teng-Neng で活動中の原田淳平によるブログです。

さらば大理 また会う日まで

にーはお!

気が付けばあっという間の10日間、居心地の良かった大理での最後の夜が来ました。

 

f:id:junjun19841229:20170727220742j:plain

 

 

f:id:junjun19841229:20170727220338j:plain

 

f:id:junjun19841229:20170727220233j:plain

 

f:id:junjun19841229:20170727220447j:plain

大理は音楽が盛んでどこの店でもミュージシャンがバンドだったり、弾き語りだったりで生演奏していました。自分も何度かLiveしました。夜風が心地よい夜でした。

 

f:id:junjun19841229:20170727220649j:plain

 

f:id:junjun19841229:20170727220702j:plain

 こんな水筒が売っていたり。笑

 

f:id:junjun19841229:20170727220407j:plain

 

f:id:junjun19841229:20170727220614j:plain

ローカルな雰囲気だったり。

 

さて、ベトナムへ移る前に今回お世話になったゲストハウス『The Jade Emu Guest House』の紹介をさせていただきます。

 

f:id:junjun19841229:20170720001022j:plain

 

f:id:junjun19841229:20170727221015j:plain

 

f:id:junjun19841229:20170727221007j:plain

 

f:id:junjun19841229:20170727221039j:plain

 

f:id:junjun19841229:20170727220902j:plain

 

f:id:junjun19841229:20170727220944j:plain

 

f:id:junjun19841229:20170727221155j:plain

 オーナーはオーストラリア人だそう。居心地のよい宿でした。

写真には写っていないのですが、スタッフのジェシーさん(中国人)は日本語が上手で色々と相談にも乗ってもらい、大変お世話になりました。

ドミトリー(2段ベッドの大部屋)で部屋によって1泊25元~40元でした。(約400円~700円)

 

しかし、大理は年中春と言われるぐらいあって、どーら過ごしやすかったです!

大理に住んでいる日本人の方にも会いました。

 

f:id:junjun19841229:20170727221111j:plain

 大理古城内で『夢天地』という日本食レストランを営む山口康一郎さんです。

彼との出会いが大理滞在をより良きものとしてくれました!

ここで食べた、さんまの蒲焼の味は忘れません!

 

f:id:junjun19841229:20170727221217j:plain

 

いよいよベトナムへ向かいます。

バスで大理⇒昆明、そこから↑の写真の3段ベッド寝台列車で国境の町、河口へ。

そこから国境を渡りベトナム、ラオカイへ。そこからバスでサパという町へ向かいます。